俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

墜とされし機体より冬蝿飛びぬ

作者 感じ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆さま、今年一年ありがとうございました。
先輩方に追いつけるよう精進します。
さて、掲句、避けられぬ事と知りながら、平和を願って。
ps.子供の頃、読んだ小説に似た発想があったような。

最新の添削

「墜とされし機体より冬蝿飛びぬ」の批評

回答者 ちゃあき

凡空さん、コメントどうもありがとうございました。
ぎっくり腰はやっぱり安静にしてないとダメですね。昨日より少し痛みが治まったみたいです。

御句:冬の蠅は飛び回るイメージではないですね。それから「墜とされし機体」は説明的かなと思いました。僕でしたらこんな感じかな。またお願い致します。
・鉄屑となりし機体や冬の蠅

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「墜とされし機体より冬蝿飛びぬ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

戦争を意識した句ですね。
そういう句を作るのが大事という声と、安全なところから戦争を詠むことの是非を問う声と、それぞれ偉い詩人・俳人さんたちの意見があるようです。
と言いつつ我々レベルでは、人を不愉快にしないような配慮をしつつ、好き勝手詠みたいですね。

御句、冬なので季語「冬蠅」を使ったのだと思いますが、
季語「冬蠅」の意味の中に「寒さで弱っていて夏の元気さがない蠅」というのがあるので、最後の「飛びぬ」が蛇足だったかなあ・・と。

「堕とされし」という恣意的な説明にも是非はあるかもですね。でもこれは変えにくい措辞・・

・堕とされた機体の錆や冬の蠅

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

納涼に水にフヨウノリ浮かべる

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

恵方巻き主役交代節分や

作者名 岸本義仁 回答数 : 0

投稿日時:

春の月永遠亭にて関節良し

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『墜とされし機体より冬蝿飛びぬ』 作者: 感じ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ