俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ひとつだけ残し替えるや古暦

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

暦は季語でしたので、再々訂正。
あわてもので恥ずかしいかぎり。

最新の添削

「ひとつだけ残し替えるや古暦」の批評

回答者 登盛満

佐渡の爺さん、こんにちは。
「十二月」の句への添削いただきありがとうございました。
確かに、ゼロではダイレクト過ぎですね。
不透明としたら、モヤモヤ感とかが出て来るのですね。皆さんにお金が無いのかと、心配させてしまいました。(-。-;

御句拝読し、やはり、季語「古暦」のことだなぁ〜と感じておりました。

今年もあとわずかとなりました。
お世話になりました。
佐渡の爺さんは明日がお誕生日とのこと、
おめでとうございます。
ちなみに、私も酉年です。
来年も何卒よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ひとつだけ残し替えるや古暦」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

佐渡の爺さん、こんにちは。いつもお世話になっております。
季語は古暦ですね。調べてみると【年内に新しい暦と取替え、数日を残した暦をさす】。上五、中七はこの『古暦』の説明になっていませんでしょうか?。『季語の説明はしない、季語の持つ力を信じなさい』とどこかに書かれたいたように思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「ひとつだけ残し替えるや古暦」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。このままだと古暦の説明の上五中七になりましたね。おそらくこの前と前々句のフォローで詠んだ句なので、急ごしらえだからと思いますが。このままの措辞で少し変えるなら

ひとつだけするし残るや古暦

残るで合わせるかしるしで合わせるか悩みますが、何か古暦にもうひとつ日付の印が残っているような趣です。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝夕の歩く畦道愛犬や

作者名 二郎 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

橋の灯のヘドバン春夜の大地震

作者名 幸福来々 回答数 : 4

投稿日時:

母の日の母を泣かせて那覇空港

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ひとつだけ残し替えるや古暦』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ