俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪月や雲の後ろに隠れけり

作者 鰐渕颯  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

添削宜しくお願いします!

最新の添削

「雪月や雲の後ろに隠れけり」の批評

回答者 つちや郷里

鰐渕颯さんこんにちは。

御句
私の知る限り、雪月って陰暦十二月の異称ですが、その意味で使われてますか?
それとも、空に浮かぶ月のことですか?私は知らないのですが、もし空に浮かぶ月に「雪月」というものがあるのであればお教えください。
空の月のことだとしても「や」で意味が切れているので、何が雲に隠れたのかわかりません。
また、「や」と「けり」で切れ字が二つ使われていますが、これも俳句では嫌われます。何を強調・詠嘆したいのかがわかりづらいからです。
あと「雲に隠れる」とあれば「後ろ」はいりません。

・「雲に月隠れて雪の降りにけり」
・「雲に月隠れて雪の降りはじめ」
鰐渕颯さんの伝えたいことはこんな感じですかね。
「雪」とあれば「降る」が必要でない場合が多いので、もうちょっと推敲できるかも。

できればコメントに俳句の意味や俳句に込めた思いなどを書いてもらえると、添削がしやすくなりますので、よろしくお願いします。
次回も楽しみにしてます。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

くるくると回る枯葉や散歩道

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

初蝶や手振る母子の日暮れ時

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

切株に座して昼餉や鳥渡る

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪月や雲の後ろに隠れけり』 作者: 鰐渕颯
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ