俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かじかんだお湯に手を付け冬が来た

作者 トイレ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

手袋をせずに歩いていたり自転車を漕ぐと手が真赤になり手が痛くなるそれは冬が来たことを暗示する

最新の添削

かじかみてお湯の手洗い音激し

回答者 こま爺

かじかむが季語、下五の「冬が来たは」季重りなのでちょと工夫が要るかな。湯の量も多く蛇口から流れる音も激しいと手洗いの様子を加えてはと思います。
それと俳句は「散文は向かない」、「動詞よりも名詞」の原則を守るべきかな。

よろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

ランニングあと一キロに喘ぐ夏

作者名 おんこお 回答数 : 5

投稿日時:

洋楽を久しく聴かず秋更けて

作者名 もるまみれ 回答数 : 2

投稿日時:

亡くなりし父への思い水澄めり

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かじかんだお湯に手を付け冬が来た』 作者: トイレ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ