俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋燕の舞うて惜しむか峠越ゆ

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 秋燕の南方への季節がやって来ました。舞て越えていく姿に来年も来いよとの気持ちを詠んでみました。拙句ながら送ります。

最新の添削

「秋燕の舞うて惜しむか峠越ゆ」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。恐らくですが、惜しむ気持ちをどう表現するかだと思います。秋燕という季語は、すでにそんな意味が込められているので、どう際だたせるかかと。

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋燕の舞うて惜しむか峠越ゆ」の批評

回答者 腹井壮

コメント拝見しました。俳句は目の前にある季節を詠むのが一番面白いです。しかし、季節を少し先取りして詠むのも粋とされているようです。私の場合は皆さんと応募先が違っていて兼題が「富士山」だったり「色」だったりあるいは「スポーツ」だったりするので季節に囚われず詠んでいます。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋燕の舞うて惜しむか峠越ゆ」の批評

回答者 腹井壮

千日草さん、こんにちわ。いつもコメントありがとうございます。きちんと想いを季語に託そうした詠みかたですね。当たり前といえば当たり前ですがこれまた難しいもんです。原句はやや説明が多くなっている気がします。

秋燕三国峠の地蔵様

こうゆう場合は固有名詞とお地蔵さんに頼ると一句がまとまります。上空と地上の映像の取り合わせもできました。参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

旧道の往き来少なし竹の秋

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

台風に影絵遊びの夜となりて

作者名 鳥越暁 回答数 : 8

投稿日時:

ちやぽちやぽとこぽこぽこぽと泉かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋燕の舞うて惜しむか峠越ゆ』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ