俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝寒に背筋ぞくっと日新たに

作者 キジトラ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

とにかく全くの初心者なので、何度も言いますが、高度な言いまわしや語彙力がありませんが、俳句を投稿させて頂きます。

最新の添削

「朝寒に背筋ぞくっと日新たに」の批評

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

まずは、季語はひとつ「朝寒」。
五七五のリズム。
ここまではできてます。
意味もなんとなくはわかります。

俳句というのは、五七五という限られた言葉で作る「詩」ですので、もっと「詩」としていきたいですね。とすると・・

◆ひとつめ。
 季語で「寒い」ことがわかっているので、「背筋ぞくっと」とわざわざ付け足す必要はありません。
 これで中七の七音分、別のことが詩に使えます!
◆ふたつめ。
 下五「日新たに」が急に出てきました。「朝」と言っているのに、また日が変わってしまうのでしょうか?
 もし「朝=日が新た」なことを言っているのであれば、これも「朝」と言えばわかるので、付け足す必要がありません!
◆つまり、
 この句は季語「朝寒」を説明しているだけになっているのではないかと・・
 「朝寒」と言えば、この句の内容はほとんど入ってしまいます。

俳句の季語はすごく情報量を持っているので、季語を読めばわかるようなことは、あらためて言う必要がありません。
なので、季語以外の箇所は、季語だけではわからないことを書くのがよいとされています。
例句を引っ張り出してきました。ご参考まで。

朝寒の膝に日当る電車かな/柴田宵曲
朝寒や自転車を立て豆腐売る/長谷川櫂

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝霧を掻き分けてゆく背広かな

作者名 長谷機械児 回答数 : 4

投稿日時:

春女苑ランクル雨に打たれけり

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

炎天す給仕の髪の黒きこと

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝寒に背筋ぞくっと日新たに』 作者: キジトラ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ