俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ひぐらしと腹蹴る孫と通学路

作者 麦酒喝采  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

コロナ禍でなかなか帰省が叶わず、お盆過ぎに帰省ラッシュを避けて約3年ぶりに帰省。街並みは少し変わっていて、知らない建物や新しく出来た道路があったりと、
学生の頃の風景とは少し違う景色がありました。
懐かしさと新鮮さの中で、久しぶりに家族と再会。
サプライズで妊娠の報告を済ませました。
昔と変わらない蝉の鳴き声と、新しい環境への移り変わりを表現してみました。

最新の添削

「ひぐらしと腹蹴る孫と通学路」の批評

回答者 なおじい

麦酒喝采さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。いい感じの句ですね。名詞の並列ですが嫌味がなく爽やかな印象です。

しかし「腹蹴る孫」には悩みました!「腹蹴る」は、お腹に赤ちゃんがいる時に使う表現ですが、これですとお腹にお孫さんがいるように読めますよ?お子さんですよね?

もちろんおっしゃりたいのはご両親に対して「孫よ!」という報告でしょうけど、それはわかりにくいです。

私は、抱っこしているお孫さんに足をバタバタされていながら喜んでいるおじいちゃんかおばあちゃんの句かと思いました(笑)。

・ひぐらしと腹蹴る吾子と通学路

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春風や私に来たの春の風邪

作者名 もえごん 回答数 : 2

投稿日時:

ジーンズになぜか穴ある秋の風

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

夏の星時空を超えて会いに来て

作者名 堀籠美雪 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ひぐらしと腹蹴る孫と通学路』 作者: 麦酒喝采
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ