俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

桜満開母は助手席で日向ぼっこ

作者 ぽちっと  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

花見に乗せて行った時。

最新の添削

「桜満開母は助手席で日向ぼっこ」の批評

回答者 なおじい

ぽちっとさん。こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。重要なことは、先にイサクさんが丁寧にご説明くださっています。それをよくご覧ください。
光景は浮かびますよ。とてもいい景色です。私もこんなことしてあげたかった。しかし私が出来たのは、車は車でも、シルバーカーを押す母の付き添いと、車椅子を押してやることだけでした。本当の車に乗せてあげられるぽちっとさんがうらやましいです。

私の提案句を置かせていただきます。

・母乗せて親子二人の花見かな

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「桜満開母は助手席で日向ぼっこ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。はじめまして。

初心者様ですね。
俳句を始めてみようということで、楽しむことができたらよいなあと思います。
よろしくお願いします。

さて、とはいえ俳句の基本の形を守れておりませんね・・・
俳句と言えば「五・七・五」「季語ひとつ」という、学校でも習う基本形があるのですが、

◆「桜満開」で春の季語、「日向ぼっこ」で冬の季語、となっております。
 この句は明らかに春の季節を詠んでおりますので、「桜」を生かして「日向ぼっこ」はあきらめましょう・・・

◆俳句は五・七・五を基本のリズムとするのですが、七・八・六、ということになっております。
 初心者のうちは、俳句のリズム感を練習するために、できるだけ五七五を守ることをお勧めします。

たとえば・・・
・晴れの日の母助手席の花見かな
次をお待ちしております。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

葉桜やしとどに濡れし長き雨

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

正解でない私にも秋麗

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

園児らの高き声して冬日向

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『桜満開母は助手席で日向ぼっこ』 作者: ぽちっと
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ