俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

岐路に立つ十七の帰路薄月夜

作者 ふみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

17歳の迷える私が学校からの帰り道で
見上げた夜空の薄月が美しく、
その景色に将来への不安や期待が
綯い交ぜになった心情を託しました。
語感も工夫しました。

最新の添削

「岐路に立つ十七の帰路薄月夜」の批評

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。よろしく御願いします。

「岐路」と「帰路」が言いたかったのかな・・・?
というツッコミをしたくなりますが、

上々の出来の俳句だと思います。

五七五の十七音、季語一つ、と最初の関門はクリアしています。
そして「季語に関係ない十二音」+「五音の季語」という、基本的な作り方もクリアしています。

あとは「作者が言いたいことを込める」か「込めない」か。
「詩」として俳句を作るのか、日記的にするのか、作者の心情に寄り添うのか。
ここで、方向性が変わってきます。この句は「心情に寄り添う」句ですね。
個人的には「岐路・帰路」など「川柳のように言う」のではなく、【俳句】なので季語に寄り添いつつ映像・風景を出してみたくはなりますね。

コメントから言葉を拝借して、

・十七の迷える私薄月夜

次の作品もお待ちしています。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「岐路に立つ十七の帰路薄月夜」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

俳句は超初心者、めでかやです。

ごめんなさい。俳句のことは分からないけど
十七歳のこの時期、色々な気持ちが交錯するのは分かります。

友や家族との別れ、新たな出会い、そして不安。

私が思うこと・・・、
この先どうなるかなんて誰も分かりません。
いま、一番いいと思う方向に真っ直ぐに進むのが一番かと思います。

あまり気が付いていないかも知れませんが、きっとあなたの周りには
応援してくれる沢山の人たちが居ると思います。
困った時には、一人じゃないって思うと良いかもよ(*^-^*)。

あらま、俳句とまったく関係ない話になってしまいました。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雑音の入るラジオや梅雨に入る

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 2

投稿日時:

きな臭き募金集団六日暮れ

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 3

投稿日時:

止まらないかっぱえびせん秋夜長

作者名 しお胡椒 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『岐路に立つ十七の帰路薄月夜』 作者: ふみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ