俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

がんじきをこぼれる落ち葉手で拾い

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

落ち葉かきの際、がんじき(熊手)でかき集めるも小さな葉っぱが取り残されることがあります。何度か繰り返しながら、最後は素手で拾ってしまいます。

最新の添削

「がんじきをこぼれる落ち葉手で拾い」の批評

回答者 なおじい

駒川義輝さん、こんにちは。
御句拝読しました。「がんじき」はコメントに解説がなかったらわかりませんでした。有難うございます。初読では、「かんじき(和式アイゼン)」かと思ってしまいました。

掲句、光景は浮かぶのですが、その説明のような気がします。また、「落ち葉」が単に掃除される対象のようで今一つ目立ちません。
私は、最後はどうするか(「手で拾う」)は読者にお任せしてもいいのではと思いました。

・がんじきをこぼるる小さき落ち葉かな

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

氷上の王子に拍手もらい泣き

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

葉桜や母の背中と子守唄

作者名 ワイス 回答数 : 2

投稿日時:

初競りの一番鮪捌く太刀

作者名 あらちゃん 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『がんじきをこぼれる落ち葉手で拾い』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ