俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

独擅場誰と競うか寒椿

作者 どぢやう  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬、町を歩いていると寒椿しか見当たらなかった。まるで寒椿の一人舞台のようで、他に誰が競う相手になるのだろうと思って作った俳句です。

最新の添削

「独擅場誰と競うか寒椿」の批評

回答者 イサク

こんにちは。はじめまして。

コメントと照らし合わせると、この句は上五でいきなり「独擅場」と言ってしまって、映像の答えをすべて出してしまっています。
下五「寒椿」は外せないので、句を膨らませるのは中七しかないのですが、上五でこの句最大のネタバレを出してしまっているので、非常に難しいのではないでしょうか。

ぱっと考えられる方法としては、ふたつ。

◆句全体を使って「競うものがいない」という情景を描写する
 ⇒なおじい様のコメントの提案と近いと思います。

◆「独擅場」をさらに膨らませて、「寒椿」を説明しない取り合わせの句にする
 ⇒どぢやう様御投句の二句を見るに、こちらはおそらく、説明してもピンと来ないと思いますが・・・

・独擅場とはつまらぬものよ寒椿

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「独擅場誰と競うか寒椿」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

どぢやうさん、こんにちは。
御句拝読しました。いま、町では寒椿がきれいですね。

掲句、独壇場とは、競う相手のいないことです。最初から独壇場と言っていながら、誰と競う?というのは、矛盾しているような気がします。

・独壇場競う者なき寒椿
・寒椿競う者なき独壇場

こうしても、「独壇場」と「競う者なき」が意味として重複します。

ですので、どちらかでいいか、少し言い方変えるとか。

・艶やかさ誰と競ふや寒椿

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

元日や退屈そうな船溜まり

作者名 藤井茂 回答数 : 3

投稿日時:

テレビ分厚きサウナルームの秋思かな

作者名 卓鐘 回答数 : 17

投稿日時:

葛折りサイドミラーへ夏の山

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『独擅場誰と競うか寒椿』 作者: どぢやう
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ