俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

干芋の焼き目眺むる親子かな

作者 ドキ子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

幼少期の思い出です。
買ってきた干芋をストーブの上に父が置いて、親子で眺めている様を詠みました。
よろしくお願いします。

最新の添削

「干芋の焼き目眺むる親子かな」の批評

回答者 なおじい

マサトさん、こんにちは。
御句拝読しました。型の勉強、すごいです。尊敬します。

マサトさんは芋から親子に視線を移してきましたので、私はその反対に、親子から芋に向かってみました。

・親子して焼く干藷の焦げ目かな

「干藷(ほしいも)」は、ネットで調べましたらこのように出てきたのでそのまま使いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「干芋の焼き目眺むる親子かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

この句は普通にできてますね。
「焼き目」だと、焼き終わった後に藷に着いた焼き跡を見ているみたいなので、焼いている最中を示す言葉が何かありそうな気もします。

・干藷を焼くを眺むる親子かな

あ、そうそう、薯、藷、芋を使い分けると俳人っぽいですよ。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「干芋の焼き目眺むる親子かな」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

マサトさん、こんにちは

本句は三の型の応用形ですね
しかも一物的かつ季語を詠嘆しない形の複合技とはやりますね!
この句では「干芋」よりもそれを眺める「親子」に詠嘆するのは、その様子に広がりがあり詩があると思います
三の型は苦労されてたぶん私も感慨が深いです
私にはこれ以上の例句は思いつかないのでこのままいただきます

点数: 2

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「干芋の焼き目眺むる親子かな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

マサトさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
居酒屋のコメント私は勘違いしてました。二人で並んだですね。失礼しました。
御句、同じことやりましたよ。香ばしいですよね。
提案句を
・干藷の焼く匂い嗅ぐ親子かな
蛇足ですが、イサクさんが言われているように歳時記の芋を引くとそれぞれのいもの種類の名前が出てます。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

父からの花粉が俺にうつる春

作者名 鳥田政宗 回答数 : 2

投稿日時:

大晦日人それぞれの決意あり

作者名 世良日守 回答数 : 1

投稿日時:

炎帝や九回裏の魔曲かな

作者名 あああFC 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『干芋の焼き目眺むる親子かな』 作者: ドキ子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ