俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

目黒川さんまのかをり流れ来る

作者 蘇州大蔵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

どなたか目黒のさんま祭りの句を詠んでらしたので私も。
ベタな作りですが。

最新の添削

「目黒川さんまのかをり流れ来る」の批評

回答者 塩豆

始めましてです!
構成がしっかりとまとまっていると思います。
その一方で一方で気になるところが二点あります。
まずは「かほり(香り)」の書き損じ。
もう一点が、原句の表記だと目黒川に香りが溶け込んで流れてくるというニュアンスにもとれてしまう事です。どちらかというと川に沿って香りが流れてくる、という意味と思いますので、

目黒川伝ふさんまの香りかな

ぐらいにするのも一つありかなと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

印台を幾度と回し秋灯下

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

紫蘇の葉を揉めば染まりてたなごころ

作者名 白井百合子 回答数 : 4

投稿日時:

春光にマスオ顔広額が有り

作者名 おいちょ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『目黒川さんまのかをり流れ来る』 作者: 蘇州大蔵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ