俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

早朝の町の鴉やそぞろ寒

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

朝から群れて騒がしい。

最新の添削

「早朝の町の鴉やそぞろ寒」の批評

回答者 岩住涼太

久田しげきさん、こんにちは。

「禿鷲や」の句へのコメント、ありがとうございました。確かに写生句を作るなら自分の意見をいれては情景が薄れてしまいますね。これからも頑張って情景に焦点を当てようと思います。

御句の感想です。
鴉は朝晩、自分が早くその場から去りたいほど大変騒がしい鳴き声をしていますが、冬も近いし、なんだか身にしみるほど寒くなってくると、そのざわめきに深い淋しさも感じます。まるで鴉が嘆いているようですね。

次回作も楽しみにしています。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、岩住涼太さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

黄昏の花街へ消ゆ白日傘

作者名 そうり 回答数 : 10

投稿日時:

凍窓や排水溝へ泡の渦

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

尾長鳥雫の玉の紅躑躅

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『早朝の町の鴉やそぞろ寒』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ