俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

闘魂も大爆笑も秋の星

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「お土産の手提げを胸に」には沢山のコメント有難うございました。「胸へ」はどうかというアドバイス、なるほど、それまではぶら下げていたけど秋時雨がきたので胸へ移動した、その動きぐ感じられますね。感謝します!

本句は、最近続けて亡くなったお二方への追悼句のつもりです。ですので、皆さんもできれば添削よりも思い出エピソードを。
私は猪木さんといえばなんといってもコブラツイストと卍固め、学校で友だちにかけてました(笑)。アリとの世紀の一戦は大学時代。よく行くカレー屋さんのテレビで見ました。

仲本工事さんは、とにかく体操が上手かった、中学高校でやっていると大人になってもこれだけできるんだと思いました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「闘魂も大爆笑も秋の星」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、何度もすみません。
実は、佐渡の爺さんから、納豆は冬の季語ですよと教えていただき、なおじいさんもご存知なかったと思い、ご報告したしだいです。いやぁ〜いつもスーパーにならんでる納豆が季語だなんて、生意気(笑)
いつも季語でつまづいてるのだから、もっと慎重になるべきでした。(T_T)

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

暁の一番鶏や年新た

作者名 ドキ子 回答数 : 1

投稿日時:

引き籠る部屋の庇へ巣も構うに

作者名 まちる 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

熱風を背に受け茹だる親子かな

作者名 高橋九二三 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『闘魂も大爆笑も秋の星』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ