俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

月はいつ我が家にやってくるのかな

作者 森本可南  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供の頃、母は、「お月様が、団子を食べにやってくるよ」と
縁側に、供えていた。
私は、それを真に受けて、さぞかし眩しいだろうと半纏かぶって、待っていました。テレビでは、橋幸夫が潮来笠歌ってました。

最新の添削

「月はいつ我が家にやってくるのかな」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

添削できるところはなさそうなので感想をコメントします!

詠者の方の個人的記憶なのでなかなか句単体では読者に伝わりづらいかなぁ、とは思いましたが
意味の補足を読むととても朴とつで可愛らしい句ですね!
サンタを半分眠りながら目をこすってます子供のようなイメージが浮かんできました

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

粕汁の鮭の頭とにらめっこ

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

夕凪に清き月が溺るかな

作者名 みちのく 回答数 : 1

投稿日時:

友達と長電話する春夕べ

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『月はいつ我が家にやってくるのかな』 作者: 森本可南
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ