俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ナンマドル羽織持つ手に秋感ず

作者 木工用ボンド  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ナンマドル(台風14号の名称)が過ぎてから急に肌寒く感じるようになり外出時無意識で手に持っていたカーディガンを見てもう秋だなぁとふと感じたと言いたい句です。

ですが、「ナンマドル(台風14号)が羽織を持っている」と言うような文になってしまっている気がするので良い訂正があれば教えて貰いたいです。

最新の添削

「ナンマドル羽織持つ手に秋感ず」の批評

回答者 なおじい

木工用ボンドさん、こんにちは。
御句拝読しました。
ナンマドルって何?全く知りませんでした。台風に名前があるのですか。
かつて、キャサリン台風とか女性の名前をつけていたことがありましたが、男女差別で良くないとかでやめたので、今は番号(14号とか)だけかと思っていました。

私も海郷さんと同様に、ここは固有名詞でなく台風等の普通名詞を置いたほうがいいと思いますよ。テレビであれだけ朝から晩まで台風情報を流していても、一回もその名前聞かなかったですもの。おそらく皆さんも同じではと思います。
そうなると、冒頭から理解不能の句となります。損です。

・嵐去り上着持つ手に秋感ず

台風でもいいですが、嵐にしてみました。また、羽織は紋付きを想像してしまうので、上着にしてみました。季語は秋で、嵐も上着も季語ではない認識ですが、異論があるかもしれません。その場合は、その方のご意見を尊重してください。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ナンマドル羽織持つ手に秋感ず」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

木工用ボンドさんこんにちは。

御句ですが、ナンマドルが何かわかりませんでしたが、台風14号のことなんですね。
固有名詞や名前を使うのは全然ダメではありませんが、私個人の考えとしてはわかりやすさを優先した方がいいと思います。
また、「台風」自体が秋の季語なので、季重なりになりますね。

コメントに「台風が羽織を持っているような文になった」とありますが、私はそうは思いませんでした。
「ナンマドル」で一回切れて、「羽織持つ手に秋感ず」で一塊のフレーズになっていると解釈したからです。

・台風過ぎて羽織手放せぬ此の頃

私は添削があまり上手くないので、この添削例を過信しないでください(笑)
七八四という変則的な破調になりましたが、私の腕では「台風が過ぎたら肌寒くなり羽織が必要になった」という情報を入れるためにはこうするしかありませんでした。
これ以上変えてしまうと「添削」ではなく「改作」になってしまいますからね。
もっと上手な方の添削を待ちましょう。

これからも俳句作りがんばってください。
次回も楽しみにしてます。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

飴色の雲へ溶けゆく渡り鳥

作者名 回答数 : 1

投稿日時:

冬暖か誤り全裸楽にしてと

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

五月雨も降り残さじと永田町

作者名 IZMIN 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ナンマドル羽織持つ手に秋感ず』 作者: 木工用ボンド
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ