俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

石炭投げ空に靡く鉄の夢

作者 駿河屋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

汽車に乗って旅をしてみたいですねぇ…

最新の添削

「石炭投げ空に靡く鉄の夢」の批評

回答者 なおじい

駿河屋さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
先にコメントを置いていらっしゃるイサクさんと似たようなものになるかと思いますがご容赦ください。

ちょっと何をおっしゃりたいのかわかりにくい句ですねー。これを他人が読んで、作者の意図をつかむのは難しいと思います。

私は、俳句とは、こうして人前に出す以上、伝わらないと面白くないと思うのです。

汽車に乗って旅をしてみたいとお思いでしたら、それをそのようにお詠みになってはいかがでしょうか?
もちろん俳句ですから、五七五の形に季語を入れて。

・汽車に乗り旅してみたい秋の空

これは例えばの即吟ですが、これなら五七五で季語があり、作者の気持ちは素直に伝わると思います。

俳句は自分の気持ちを伝えるためにだけ作るものではないかもしれませんが、気持ちが伝わり読み手に感情を共有してもらえると嬉しいものですよ。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「石炭投げ空に靡く鉄の夢」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。

季語がなさそうに見えます。
◆六・六・五ですか?ちょっとリズムが悪いような。
◆ちょっと映像を想像しにくい単語が並んでいるように感じます。
 「汽車」というキーワードをコメントで見たので、かろうじて
「石炭投げ」=石炭を火室に投入すること?
「空に靡く」=煙のこと?
「鉄」=鉄道ということ?
 ということは想像できますが、コメントなしでここまでわかったかどうか?
◆「空に靡く鉄の夢」とはどういうこと?
 誰のどういう夢?それが煙になってしまっていいのでしょうか?

と、ちょっと疑問の多い句でした。

・SLに旅への思い乗せて秋

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

掛け軸の落款は叔父冬椿

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

サイレンの遠く聞こゆる日向ぼこ

作者名 長谷機械児 回答数 : 3

投稿日時:

揺り篭を揺する昭和の扇風機

作者名 そうり 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『石炭投げ空に靡く鉄の夢』 作者: 駿河屋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ