俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋風に背負いた故郷を振り返り

作者 徹之  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

故郷を離れてる最中、思いを寄せ振り替えってしまう姿を句にしました。

最新の添削

「秋風に背負いた故郷を振り返り」の批評

回答者 塩豆

はじめましてです!塩豆と申します。
少なくとも郷愁は伝わってきました。
文法事項からいきます。「背負いた故郷」という表現は「背負ひし故郷」とするのが正しいです。しかしこれでも中八になるのでここは現代語で「背負った故郷」として「しょったこきょう」と読ませるのが最善と思いました。
ここまで言っておきながらですが、私なら「背負った故郷」という表現は使わずに以下のようにしたいです。

秋風や北の故郷を振り返る

勝手に「北」という新情報をいれてしまいました。北の故郷はすぐ冷えてくのだろうか、それでも元気にやってくれよ、、みたいな事を想像させるようにしたつもりです。

点数: 3

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

湯上がりの親父の五人扇風機

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 6

投稿日時:

青い山日の入り時刻秋を告げ

作者名 俳句好きの青年 回答数 : 3

投稿日時:

草の実をつけて帰りぬ老犬と

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋風に背負いた故郷を振り返り』 作者: 徹之
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ