俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

トンネルを抜ければ右は夏の海

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ポストに出さなかった。
子供ころの夏休みは信州の山国から直江津で北陸線に乗り換え富山に向かうとトンネルを出ると右に海が広がっている。だからいつも右側の席を選んだ。

最新の添削

「トンネルを抜ければ右は夏の海」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

ラジオ一句一遊おめでとうございます。
radikoも入られたので、ぜひ水金とかも聞いてみて下さい!めちゃ勉強になります。

さて、御句。これはこれで出来ている句と思います。そこで提案というより自分は何を考えているかということを書いてみます。

今回は「ば」が強く因果に働いた句です。
「ば」を使うならあえて因果をずらす方が効果的だなあと感じています。
たとえば有名なのは
柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺
柿を食べたので(食べると)鐘が鳴ったわけではないところに詩情を感じます。
掲句は
トンネルを抜けたので(抜けると)海が見える
というのは実際の結果を表しているので、報告感が強まります。
トンネルを抜けると右側に夏の海が見えました、という報告感です。
イサクさんは「て」で因果を少しゆるめるという提案を伝えてくれています。

もし「ば」を残すなら上五でずらしていくといいかもしれません。
いろいろやれますがたとえば、
トンネルを少しずらしていく形とか(実際は自分の音だけど、、)、
轟音を抜ければ右は夏の海

あるいは、そもそも抜けるものでないものを持ってくるような形(少し時間経過を持たせて、、)。
真夜中を抜ければ右は夏の海

佐渡爺さんの詠みたい光景とは変わりましたので提案ではありません。
実景をそのまま詠み込むか、そこに詩を乗せていくか。悩みますが、俳句は詩ではありたいと思っています。そういう意味では、イサクさんのいつも右に見えるということへ詩を感じるのも同意です(^▽^)/

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「トンネルを抜ければ右は夏の海」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

映像はわかります。
これは「抜ければ」と条件・結果にするより、断定にしたいですね。
電車ではなく自動車っぽいですが・・・そこはどちらでもいいかと思います。

・トンネルを出て右窓に夏の海

それより、コメントの「いつも右側の席」に詩情を感じました。それを詠みたいなあ・・・と思いました。

・夏の海いつも右窓から見てた

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

遥かへの木道一筋大花野

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

ひぐらしと腹蹴る孫と通学路

作者名 麦酒喝采 回答数 : 1

投稿日時:

七夕やあえかな願い聳えけり

作者名 みちのく 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『トンネルを抜ければ右は夏の海』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ