俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花の唄揺蕩う笑顔希う

作者 サナギ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

恋、願っています。

最新の添削

「花の唄揺蕩う笑顔希う」の批評

回答者 なおじい

サナギさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。他の二句も拝読した感想も含めて、この句にコメントさせていただきます。

ご自分の気持ちを五七五にまとめて、季語を入れてお詠みになるのは出来ていると思いますが、それを相手に伝えよう、わかってもらおうというお気持ちが伝わりません。

御句、そもそも、「揺蕩う」「希う」どちらも漢検の試験のようで難読です。難読に加えて複雑な意味を持っています。この辺は意識してお使いですか?

逆にコメントはあまりにも簡単で、解釈の手助けになりません。

恋の詩であることはわかりますので、それであればなおのこと、もっと平易に、わかりやすくということを考えないと、余計なお世話かもしれませんが、お気持ちが伝わらないのではと危惧します。周りにではなく、お相手にも。

初めての方に少し厳しいコメントになったかもしれませんが、ご容赦ください。
よろしければ、もう少し他の句も拝読できますでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花の唄揺蕩う笑顔希う」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。
初心者さんですね。

五七五と季語ひとつ入れようとしている、のはできていると思います。
なので、少し進んだ話を。少し厳しめになりますがすみません。

正直を言えば、漠然としすぎていて何を言っているかわからないタイプの句です。

◆「花の唄」とは季語としては怪しいですね。季節は春?
◆「揺蕩う笑顔」・・・「揺蕩う」の意味をもう一度、辞書で確認してみてください。(誰かの)笑顔がゆらゆらしているということになりますが・・・
◆「希う」の意味も、辞書で確認してみてください。
 何を願っているのでしょうか・・・先に出てくる「揺蕩う笑顔」を願っているのでしょうか・・・
 空中に笑顔がいくつかただよってゆらゆらしているのを願う、という、黒魔術というかホラーな映像が浮かびます。

コメントに「恋」とありますね。
この単語を入れるか、もっとはっきり匂わせないと伝わらないのではないでしょうか。
「君」と言えば恋人のことを言います。例えばこれを使って・・・
「花の唄」という謎の季語ではなく、もう少し明確な季語を。
今はもう秋なので、「花野」という秋の季語を使ってみましょうか。

・君のこと想ひて歌ふ花野かな

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の朝タクシー飛ばし出勤し

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

炎天や腕いつもより強く振り

作者名 なおじい 回答数 : 15

投稿日時:

潮風が葉擦の音も連れて行く

作者名 ゆうたろう 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花の唄揺蕩う笑顔希う』 作者: サナギ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ