俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

みだれ咲き夏の終わりの花火かな

作者 なかたにまちこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近所で9月に入ってからの花火大会か過去にありました。
夏を惜しむように連発する花火をイメージしました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「みだれ咲き夏の終わりの花火かな」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

なかたにまちこさんはじめまして。
土谷海郷と申します。

御句ですが、「夏」と「花火」の季重なりです。
細かいことですが、俳句の世界では8月の上旬に夏が終わるので、9月だと秋真っ只中です。
さらに言うと「花火がみだれ咲く」という表現は詩歌の世界で使い古された表現ですので、使うには相当な覚悟とそれに見合った句の内容が必要です。
例えば「紅葉燃ゆ」「雪化粧」「桜舞う」などです。

添削するにしても情報が少なく、不必要な部分を取り除くと句が作れないので、あえて「みだれ咲き」と季重なりを残して、より俳句らしく作りなおしてみます。
9月という情報は聞かなかったことにします。

・夏惜しむ花火よ夜空へみだれ咲け

これからも俳句作りがんばってください。
次回も楽しみにしております。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「みだれ咲き夏の終わりの花火かな」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんばんは(*^^*)
はじめまして、かぬまっこと申します。
御句ですが「夏」と「花火」と季重なりですね。決して季重なりが悪いという分けではないのですが
こんなのはどうでしょうか。

みだれ咲く夏の終わりの夜空かな

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「みだれ咲き夏の終わりの花火かな」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

なかたにまちこ様
私も過去に長野で花火大会を見たり、今はもうない豊島園の花火大会の花火を見た過去があります。最後の夏を惜しむ様な、乱れ咲きの大会の終わりの花火は印象に残りますよね。懐かしいです。

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かすかなる笛の音のして薪能

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

夕焼に君は手を振るサヨナラと

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

陽炎の中くぐり来る又従兄弟

作者名 イサク 回答数 : 15

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『みだれ咲き夏の終わりの花火かな』 作者: なかたにまちこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ