俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ひまわりや日々淡々を諭すかな

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ひまわりは、人生色々あるも結局命ある限りこのように生きるのだよと諭しているように思ってしまいます。

最新の添削

「ひまわりや日々淡々を諭すかな」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

◆切れ字「や」「かな」の二重使いですね。
 基本的には切れ字は直前の言葉を強調する効果があるので、俳句十七音という短い中でふたつ使うのは避けた方がいいと言われています。
◆この句は下五で「かな」を使う理由があまりありませんね。
 音数合わせでしたか?
◆ひまわりが諭す、と言いたいのなら、上五の「や」も効果が出ていません。
 切れ字なので、文字どおり「切れて」しまっています。
◆「日々淡々」がちょっと理屈っぽいというか、説教臭いというか・・・
 理屈は俳句には似合わないので、ここもなんとかしたいと思います。

・ひまはりに諭され日々を過ごしけり

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

霜の夜の破れかけたる辞典かな

作者名 あらちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

両腕をピシャと手花火二刀流

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 3

投稿日時:

梅雨の星ひとり銀座にマティーニを

作者名 たーとるQ 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ひまわりや日々淡々を諭すかな』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ