俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

芯じゃねえこしってえんだ走り蕎麦

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題:芯
新蕎麦の季節は、すぐそこ。
江戸っ子の鯔背な感じと合わせてみました。

最新の添削

「芯じゃねえこしってえんだ走り蕎麦」の批評

回答者 腹井壮

唯我独善さん、おはようございます。同じ東京の下町で生まれ育っても良さん(こち亀)は江戸っ子かもしれませんが寅さんは江戸っ子ではありません。この程度の知識しかない腹胃壮です。今年の猛暑は毎日3食冷たい蕎麦で過ごしたかったですよ。
さて、この句には私も添削のしようがありません。唯一、あるとすれば「こし」を「コシ」にするくらいでしょう。と言うわけでお力になれず申し訳ありません。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「芯じゃねえこしってえんだ走り蕎麦」の批評

回答者 ハオニー

この俳句添削道場には、江戸っ子の俳句名人がいらっしゃるようですので、その方の到着を待ちましょう

イナセな雰囲気、江戸っ子でない私にも伝わってくる一句です
添削なんてとんでもない句だと思いますので、私も同じお題で一句

貧乏やキャベツの芯を噛む夜明け

点数: 4

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蝶とべば色てんてんと現れり

作者名 卓鐘 回答数 : 4

投稿日時:

売るのか食べるのかな西瓜泥棒

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

行く春の東寺建立一千年

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『芯じゃねえこしってえんだ走り蕎麦』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ