俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白日傘遠くで汽笛聞きながら

作者 鳥田政宗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

悩みつづけた日々が
まるで嘘のように
忘れられる時が
来るまで心を閉じたまま
暮らしてゆこう
遠くで汽笛を聞きながら
何もいいことがなかったこの街で

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白日傘遠くで汽笛聞きながら」の批評

回答者 友也

句の評価:
★★★★★

鳥田政宗さんの俳句を拝読しました。
発想が良くて、スゴイなと思いました!

どこかのお嬢さんが、暑い日に
田舎道を歩いているのかなと思わされました。

すみません。初心者なのでうまく批評できないですが、
次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 0

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

豊の秋滑り溢るる円分水

作者名 しゅうこう 回答数 : 2

投稿日時:

嫁という孤独5年目渡り鳥

作者名 らりこ 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

噛り付く歯形に梨の岩清水

作者名 丼上秋葵 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白日傘遠くで汽笛聞きながら』 作者: 鳥田政宗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ