俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ぴんと立つ祖母のこよりや星祭り

作者 ねぎみそ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

七夕の笹に短冊を結わえるためのこよりを祖母と一緒に準備していた頃を思い出し詠んだ句です。祖母のよりをかけたものはぴんと立ち見事でした。

添削よろしくお願いいたします。

最新の添削

「ぴんと立つ祖母のこよりや星祭り」の批評

回答者 塩豆

こんにちはです!
これは良い句と思いますよ。

一点だけ指摘します。「星祭り」という表記より「星祭」とした方が良いと思います。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

黒服のシスター二人白日傘

作者名 竜子 回答数 : 7

投稿日時:

梅雨晴れ間水面に映る雲と吾子

作者名 上杉誠一 回答数 : 3

投稿日時:

向日葵を生で飲み込みたい深夜

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ぴんと立つ祖母のこよりや星祭り』 作者: ねぎみそ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ