俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あの夏の切なそうな目何故だろう

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ずっと前、電車から降りる時、視線を感じて振り向くと、切なそうな目で、私を見ている人がいた。何故だろうか?今でも気になる。敏感に何かを感じ取りたいのに、人はとても鈍感な気がします。

最新の添削

「あの夏の切なそうな目何故だろう」の批評

回答者 鷹司晶子

コメント読む前、せつなそうにしてるのは、犬かなと思いました。人だったんですね。失礼ながら、ちょっと、もっさりしてるので、サクッとした感じにしたほうが、サッパリしていいと思いました。

あの夏の切なき視線何だった?

こんなに、考えたのは、始めてです。俳句は、エネルギーいるんですね。?マーク使っていいのか、悪いのか、わからなくて、ごめんなさい。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鷹司晶子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

花衣とヒジャブ二人とも瓶コーラ

作者名 石垣 回答数 : 1

投稿日時:

春一番開口一番君一番

作者名 塚本夏樹 回答数 : 2

投稿日時:

白帝に見放されたる白鸚鵡

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あの夏の切なそうな目何故だろう』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ