俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大喧嘩して一人なり過ぎる夏

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

金持ちの姉と大喧嘩した。家族、私の娘や孫、娘の旦那様やとにかく旅行に行く時は高いホテルで全員分出しお小遣いまでくれていた姉。沖縄もミラコスタも一人誘われなくなった。自業自得。自分を見つめるいい機会とプラスに考えなきゃ、と職場の人。仕事だって長続きしない、発達障害者の私には、いろいろと難しいのだ。一人か…。寂しいな、まあ仕方ないか…。ここにいるのも、ウ~ン🤔どうなのだろう?…。年齢も年齢だしな、普通でないけれど、自分なりに精一杯生きなければ…。

最新の添削

その他の添削依頼

夏祭り振り返ると生ぬるい風

作者名 和光 回答数 : 2

投稿日時:

手を染める子やアフガンの罌粟坊主の句意

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

目借時只今テナント募集中

作者名 腹井壮 回答数 : 16

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大喧嘩して一人なり過ぎる夏』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ