俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

疲れた目宿題うらむ夏の夜

作者 あえば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めてです
夜宿題をやっていたら目の疲れを感じ原因の宿題を恨む気持ちです
まったく俳句をつくるのが初めてなのでどんどん添削をお願いします

最新の添削

「疲れた目宿題うらむ夏の夜」の批評

回答者 なおじい

あえばさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。悪くないのですが、疲れた目も宿題うらむのも、ご自分のことですよね。身体の一部の調子と、感情表現。

・疲れ目は宿題のせい夏の夜

こんな詠み方もできますね。
これを身体の調子だけにすると、

・疲れ目に宿題かすむ夏の夜

となります。
こういう俳句はありますが、できれば多少なりとも光景を読みたいなと。

・疲れ目に宿題の山夏の夜

これで少し風景が出て、恨んでいる気持ちも想像してもらえると思いますが、いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「疲れた目宿題うらむ夏の夜」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

あえばさん始めまして。
たーとるQと申します。

御句、宿題のあるあるを描いているのは非常に初心者の素直な視点として俳句を作る大切さを感じます。
その上で、更に俳句として向上させるなら2つ改善すべきポイントが。

まず1つ目が「疲れた目」。俳句というのはこうした説明的な表現を嫌いますので「充血」など単語だけでしっかりと分かる表現(これを「映像化する」などと言います)を用いましょう。

もう1つ。「夏の夜」。宿題をやるのは大抵夕方から夜ですので、「宿題」という御句のテーマととっつきすぎているのは俳句として魅力が損なわれてしまうのです(これを「季語との距離が近い」などと言います)。

以上をふまえ、自分の眼の表現と季語を改めた添削案がこちらとなります。
「恨み」というコメントを踏まえて「睨む」という表現を加えてみました。

・充血の睨む宿題ソーダ水
(もう1つ、字余りとなりますが)
・うつらうつらと睨む宿題ソーダ水

いかがでしょうか。
次回もよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「疲れた目宿題うらむ夏の夜」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

目を血走らせて課題こなす短夜

短夜は、みじかよと読みます。

嗚呼、もう、時間がない、くそくそ、という感じで添削しましたが、どうでしょう?

俳句も課題のひとつですよね。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

刃の脇に黄身の付ひてをり震災忌

作者名 打浪泳人 回答数 : 3

投稿日時:

庭先に掃きあと残る梅の花

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

雪近し赤や黄色の華落ち葉

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『疲れた目宿題うらむ夏の夜』 作者: あえば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ