俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

充満の朧耳元で警笛

作者 山田蚯蚓  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句生活の落選句です。

「の」と「で」がこれでいいのか気になります。

あと、俳句生活で「人」選に選ばれました。失敗したなと思っていた句でしたが「人」まで行ければ非常に満足です。

選句された方々おめでとうございます。

最新の添削

「充満の朧耳元で警笛」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

人選おめでとうございます。
あちらの掲載句もこちらの掲句も破調ですね。
掲載句と比較すると、こちらの句の方が映像が立ち上がってこない気がします。
◆朧はどんな空間に「充満」しているのか
◆「警笛」だけでは映像の選択に幅が広すぎて・・・踏切?

助詞については作句意図次第。
◆「の」こちらは上に書いた通り「どんな空間にどのように充満しているのか」を見せたいのかがわからないので、判断不能。
 基本的には「の」で問題ないように見えます。
 逆に、他の助詞候補はあるのですか?他の助詞がはいりづらい形です。
◆「で」こちらは「警笛」がどのような音で、どのように「耳元」に音がたどり着いているか、で選択の余地があります。こち
 「で」は難しいですが、この句ではダメとは思いません。
 「の」が無難。
 「に」「へ」「を」も入りますが、「に」はやや説明的。
 「が」「は」も入りますがちょっとおかしいですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

月を呑む師走の月の青深き

作者名 藤井茂 回答数 : 3

投稿日時:

泉とは美しくある乙女なり

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

食わずとも春は来るくる恵方巻

作者名 やまの はるか 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『充満の朧耳元で警笛』 作者: 山田蚯蚓
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ