俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

われの名を騙る受話器や蜘蛛の糸

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

もしもしオレ、ちゃあき(もちろん本名で)だけどさあっていう電話をとったことあります。こちらも成りすましたほうがよかったかな?
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「われの名を騙る受話器や蜘蛛の糸」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。これは面白い体験の句ですねー。オレオレ、というのはあっても、電話の相手が、私だったら「もしもし、なおじいだけど」と言ってくるわけですよね?うわー、出てみたい(笑)。
ちゃあきさん、成りすましたら面白かったのに(笑)!

それにしても、我が家の場合は、妻はオレオレ詐欺の電話をよく取るのですが、私はまだ一度も。もちろん電話を取る割合が違うから当然かもしれないけど、受けてみたいなぁ。

ごめんなさい、御句ですが、「受話器」というと何か特定感および器具そのものを表す感じが強くなると思いますので、「電話」のほうがいいと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「われの名を騙る受話器や蜘蛛の糸」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

上五中七「われの名を騙る受話器」はいいですね。
ただ、句の受け手の理解のことを考えると、「騙る受話器」にするか「騙る電話」にするかは悩みどころかも。

季語「蜘蛛の糸」が芥川から来ていると思うのですが、季語の風景というより狙いすぎ感はあるかも。狙いすぎに見える=近いということなので、もう少し季語を離して使った方が良いかもしれません。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「われの名を騙る受話器や蜘蛛の糸」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。なかなかいい句ですね。蜘蛛の糸も気にならず、いいなあと思います。
入梅系も合うかもしれませんね、確かに。近い?
われの名を騙る受話器やさみだるゝ

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

花火師の点火の前に膝へ塩

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

かき氷カラダの芯の芯の芯

作者名 いなだはまち 回答数 : 0

投稿日時:

半歩ずつ散歩するひと秋うらら

作者名 かこ 回答数 : 18

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『われの名を騙る受話器や蜘蛛の糸』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ