俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

青ざめてのち赤らめる八仙花

作者 さつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

青くなってから赤くなる・・・ 人間のようにも思えます

最新の添削

「青ざめてのち赤らめる八仙花」の批評

回答者 なおじい

さつきさん、こんにちは。
御句拝読しました。またまた無粋なことを申し上げます。
紫陽花は、青いものや赤いものがありますが、青く咲いたものがしだいに赤くなるというものではないように思います。ある土では青く、またある土では赤くなるというもののようです。
御句がその変化をお詠みであればその通りですが、顔色の変化と例えていらしたので気になりました。

・紫陽花の赤青ありて雨の中

いつも細かいことを申し上げて申し訳ありません。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新緑に五感清めし山散歩

作者名 山口雀昭 回答数 : 0

投稿日時:

秋雲や書き込み多いあの聖書

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

食べ終えて皮の白さよ西瓜好き

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『青ざめてのち赤らめる八仙花』 作者: さつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ