俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

行く春や昭和を拾らふボランティア

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

立川志らくの「冬の路地裏に昭和が捨ててある」という句。
ポイ捨てゴミを「昭和」と表現したこの句をリスペクトして作りました。

最新の添削

「行く春や昭和を拾らふボランティア」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

志らくはんの句の・・・というコメントがなかったら、「昭和を拾らふボランティア」を全く別の意味で受け取るところでした。悩む前にコメントを見てしまったので・・・

志らくはんの「昭和が捨ててある」は捨ててある物の発見に意識がいきます。昭和の遺物のようなもの、ビニ本とかセルロイド人形とか超合金のおもちゃとか走れなくなったスーパーカーなどを想像させて、それを「昭和」で括る。

御句単独では「捨ててある昭和」ではなく単なる「昭和」、それをあっさりボランティア(言い方は悪いですが「好意で動く素人」)に拾われています・・・この拾われている「昭和」とはなんでしょう?

と思うと、比喩・観念の表現の俳句としては、少し浅いかなあ、と思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「行く春や昭和を拾らふボランティア」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも勉強させていただいています。

御句。志らくさんの昭和が捨ててある。はなかなか詩的なモノクロ写真の一枚のようでしたね。志らくさんの追求される句柄と破調が生きた句でもあったように思います。
そう考えると、ボランティアという着地が、「昭和」という志らくさんのイメージを失い、掲句を生かしているかというともったいない気がします。

春尽の昭和を拾ひ拾ひゆく

こうなると、もうごみを拾うという意味を捨ててしまいました。
「拾ふ」は「拾う」「自分のモノにする」「選んで歩く」という意味を持ちます。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白き頬つたう雫は春雨か

作者名 ワイス 回答数 : 4

投稿日時:

好きに食べ伝票眺めわたこ顔

作者名 おかゆ太郎 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

秋しぐれ野良着の少し濡れりをり

作者名 佐渡 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『行く春や昭和を拾らふボランティア』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ