俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

月見草一夜の華を押し花に

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏のはかない命の月見草残酷ですが宵待ちの咲いたところを押し花にしました。黄色が淡く仕上げることが出来ました。

最新の添削

「月見草一夜の華を押し花に」の批評

回答者 塩豆

どうもこんばんはです。塩豆です!
俳句では基本17文字しか使えませんので情報の重複は避けたいです。また、月見草が夜にしか咲かないという事を読み手は知っいるものとして俳句を作っても良いのです。以上の理由で、中七の「一夜の華を」は全てカットできてしまいます。余った部分でさらに表現の幅は広がります。
・丁寧に押花にする月見草
対象物をもう一つ増やしても良いかもしれません。
・東雲や押花にする月見草
無限に可能性があります。ひょっとすると傑作に化けるかもしれませんよ。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

弁財天見守る池の薄暑かな

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

夕映へに動き始める花野かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

ブランチのコーヒー二つ昭和の日

作者名 山口雀昭 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『月見草一夜の華を押し花に』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ