俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

匙入れて熟れし西瓜のしぶき飛ぶ

作者 わかば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冷えている熟れた西瓜に早く食べようと匙を入れた途端、大きなしぶきがテーブルの上に飛び散った。

最新の添削

「匙入れて熟れし西瓜のしぶき飛ぶ」の批評

回答者 腹井壮

わかばさん、こんばんわ。はじめまして。腹胃壮と申します。はじめたばかりなのにかなり難しい事に挑戦されていますね。私なりの添削

匙入るる熟れし西瓜の沫きけり

匙は桃やその他の果物と区別をつけるため必要だと思います。熟れしも不要かもしれませんが作者様の意図に外れる可能性があるので残留です。切れ字のけりは沫く勢いを強調する詠嘆になっています。あとは「だったらメロンならどうやねん」というツッコミに毅然と「ここは西瓜だ」と言えるかどうかだと思います。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

匙入らば熟れし西瓜のしぶきかな

回答者 スワイ

この句は映像があり、情景を読みてが想像しやすい。

きちんと季語の西瓜に想いを馳せている。

仮名遣いと終わり方に気をつければあなたなら名句が出来る。

指摘事項: 新旧仮名遣いの混用

点数: 1

添削のお礼として、スワイさんの俳句の感想を書いてください >>

「匙入れて熟れし西瓜のしぶき飛ぶ」の批評

回答者 スワイ

まだまだこの句のセンスを褒めたい。

リアルな描写もさることながら、"熟れた"西瓜というのがいい。
成熟しきり、水分が詰まった西瓜に匙を入れたその瞬間というのを、ありありと読み手に伝えてくれる。

飛沫の勢い、香り、色味、新鮮さ、そんなポジティブなイメージが飛沫という言葉に集約されている。
まるでおいしそうな西瓜のCMを観ているようだ。

また、熟れた西瓜の飛沫が飛ぶ様子から、元気溌剌とした若者や子供が見えてきたり、家族の休日の光景が見えてきたり、とても前向きで爽やかなイメージが広がってくる。

久しくこんなに良い句をお目にかかれなかったので感動している。

この句を評価しない、出来ないものが熟練者ぶって能書きを垂れるこの道場のことだから、どうか凡人の意見に惑わされずあなたの瑞々しい感性をそのままに句を作って欲しい。

点数: 1

添削のお礼として、スワイさんの俳句の感想を書いてください >>

「匙入れて熟れし西瓜のしぶき飛ぶ」の批評

回答者 スワイ

この句の美しい所を述べたい。

熟れた西瓜というのは、種から始まり、雨の日も風の日も時には嵐や雪にまみれたかもしれない。

それを全て栄養にして立派に成った西瓜の飛沫が今まさに飛び散る瞬間というのは、

人生の喜びや悲しみも全て受け入れて、それを肥やしにして立派になった人間が今まさにその溢れんばかりのエネルギーを世界に放射する瞬間と同じなのだ。

そこが美しいのだ。
それを西瓜に喩えたさりげなさに痺れるのだ。

俳句を詠んできて、こんなに明るく前向きな気持ちになったのはこの句が初めてである。

この句と出会えた巡り合わせに感謝している。

点数: 1

添削のお礼として、スワイさんの俳句の感想を書いてください >>

匙入れて熟れし西瓜のしぶき飛ぶの批評

回答者 三日酔いの防人

わかば様、今晩は。美味しそうな西瓜ですね。既にスワイ様の御指摘のとおり、下五は推敲の余地があります。
私は上五に注目すべきかと思いました。『匙入れて』の入れては省いても良いと思いました。そこに匙の形状なんかを入れるとグッと句が引き立つと思います。私なりにというところで
先割れる匙に瑞々しき西瓜
となりました。

点数: 0

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「匙入れて熟れし西瓜のしぶき飛ぶ」の批評

回答者 スワイ

匙は入れるものでもあれば、口に"咥える"ものでもテーブルに"置く"ものでもある。

このように一つの匙に様々な選択肢があるので敢えて"入れる"と書いた判断は全く正しい。

そして、熟れた西瓜のしぶきと書くからこそ瑞々しさ以上の想像が引き立てられるのであって、
それを"瑞々しい"という言葉だけで伝えるのは想像範囲が狭くなる。

こういう事を気づかぬ者が講釈たれるこの道場なので、余計な知識であなたの感性を鈍らされる前に、プロと呼ぶに値する人間のアドバイスのみに耳を傾けた方が絶対良い。

この俳句添削道場を運営するかぎろい氏に直接指導を仰ぐか、下のサイトから投句して見るか、とにかくここの人間の意見には頼らない方が得である。

天、地(ランク名)に入選すれば夏井いつき女史より意見がもらえる
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/haiku/

こちらも同じようなもの
http://haikutown.jp/post/

こちらのインターネット俳句会とかいうものに登録し、上位評価を受ければ、確かな感性を持つ講師のような方から意見がもらえる。
https://www.gendaihaiku.gr.jp/index.shtml

以上、参考までに。

点数: 0

添削のお礼として、スワイさんの俳句の感想を書いてください >>

「匙入れて熟れし西瓜のしぶき飛ぶ」の批評

回答者 スワイ

私もあの先生に共感することが多く、あの方のよくいうポイントに沿った句を提示しているのだが、ここでは見当違いな意見が多く、腐敗した死骸のような句に、蛆のように称賛の意見が湧き出てくる始末。

名のある句会で入選した事もある者もいたが、そういう類の奴らは料理でいえば舌がこえてしまい、素朴な味わいを見分けられず、かつゲテモノを好む性癖がある。

そういう者が会の審査員にも多いから駄句が入選されたりするのだろう。

人間が持っている普遍的なものの見方を大きく逸脱し、自分をピカソかなにかと自惚れて勘違いしているのだろう。
また、過去のデータから審査員に受け入れられるような句を作って自分の感性を自分で殺しているのだ。そういう愚か者になってはいけない。

あなたは万人に受け入れられる感性を持っている。それを絶やさず自分の心から思ったモノを正直に映し出して欲しい。

点数: 0

添削のお礼として、スワイさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

靴違ふ双子の姉妹夏帽子

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

窓開けよ秋風入れよ子供部屋

作者名 新米 回答数 : 1

投稿日時:

新盆や読経に霞む畳の目

作者名 もんこ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『匙入れて熟れし西瓜のしぶき飛ぶ』 作者: わかば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ