俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

汝は青く固く酸つぱき李かな

作者 おせっかい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

誰にもこんな時期があるものです。

新参者に先ずはビンタを喰らわすのは、どこも変わりませんね。
私はこの会では「批評・添削」を主に、自分の俳句修行としてやるつもりです。
どんな場所にも「守旧派・保守派」と「進歩派・改革派」とがいます。
私は後者、季語なしを初め、前者が「俳句の常識」とこだわっている様々なことも
私はほとんど許容します。 ただ、守るべきことはしっかり持っているつもり。
そのあたりは追々「批評」の中で、述べてゆきたいと考えています。
ここはあくまで「俳句添削」の場、「人間添削」の場ではないはずです。
念のため・・・

最新の添削

「汝は青く固く酸つぱき李かな」の批評

回答者 北野きのこ

おせっかいさんこんにちは。
私の赤潮の句にコメントをいただき、ありがとうございました。

個人的には「赤潮の海という自然現象を嘆く気持ち」が伝わる事が最重要だと考えていました。
また「主観を排し、光景の描写に重きを置くこと」との指摘を受ける事が多かったので、おせっかいさんの添削は私にとってかなり斬新でした。

私自身もあの句に関しては「もっと主観を排除しなければ」と考えているのですが、違う視点からのご指摘をいただけた事は大変嬉しいです。
今後もどうぞよろしくお願い致します。

さて、掲句の感想を述べさせていただきます。
李を修飾する語がそれぞれ視覚、触覚、味覚に訴える内容である点は、李を多角的に描写をする為に工夫をされたポイントなのではと考えました。
しかし、他の方のコメントにもあります様に「未熟な李」を提示してしまえば、省略可能な描写も含まれていると思います。

また「汝」という代名詞と、「汝は◯◯な李みたいだ」という比喩だけで句が構成されているため、明確なイメージを想像しづらく感じます。
「汝」といういかにも厳しい言葉から「李」へ続く意外性で想像が広がる部分はありますが、やはり「汝」の正体が漠然としていると私は思います。

また比喩として使用した事で「李」が光景の具体化に寄与しづらくなっているのではないでしょうか。
李は比喩ではなく実際に存在しており、作者が李を「汝」と擬人化して語りかけている、という可能性も考えてみましたが、謎が深まるばかりでした…

私も無季俳句や自由律俳句を否定する立場ではありませんが、定型から外れる際には定型から外れる事で生じるデメリットを何らかの形で補完する必要があると考えています。
今回の句に関しては季語として主役を張る器であった「李」の力が削がれているのに、十分なフォローが無い様に感じるのです。

この句がどの様な情景を詠んだ物なのか、想像する事が私には困難なので、添削も困難でした。
好き放題言うだけ言っておいて、大変恐縮です。

点数: 1

添削のお礼として、北野きのこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「汝は青く固く酸つぱき李かな」の批評

回答者 腹井壮

おせっかいさん、どうもこんにちわ。
「固く」も「酸っぱき」も不要で季語としての「李」が機能していないのは全て御承知のうえなんだと思います。自分自身を投影する心象俳句と思いました。添削は色々な意味で不要です。

点数: 4

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「汝は青く固く酸つぱき李かな」の批評

回答者 塩豆

はじめましてです!気長にのびのび俳句を趣味としている塩豆と申します。
少し意地悪な言い方かもですが、まずは二回や三回ぐらい、正統派の俳句を披露してみてはいかがでしょうか?
やはり添削を受ける側も信頼できる人からのコメントが欲しいと思うのです。そしておせっかいさんの作風はよく俳句を理解された上での事なのだ、という確証が私には欲しいです。そしてそう思っている人は多分私一人ではないです。

点数: 3

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

「汝は青く固く酸つぱき李かな」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃はじめまして。私は初心者なので保守派でも革新派でもありません。まだ、よちよち歩きです。(^^;
でも、身の程知らずにも勉強のためと添削しています。ですから、私の添削はあてになりません。一つの意見としてお読み下さい。

🔷汝まだ青く酸つぱき李かな

🔷汝まだ固く酸つぱき李かな

青くと固くは意味がダブるように思います。一つを残し、リズムを整えました。(^^;

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「汝は青く固く酸つぱき李かな」の批評

回答者 桜子

こんにちは。
汝は→まだ
にしたらどうでしょう。

まだ青く固く酸つぱき季かな

植物なのか人なのか、自分なのか誰かなのか対象が広がるし、熟する予感も加えられる気がしするのですが。

点数: 1

添削のお礼として、桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「汝は青く固く酸つぱき李かな」の批評

回答者 東次郎

こんにちは、初めましてm(__)m

革新的な俳句をお求めですね、俳句とは何ぞや、日々悩み続けております
本当は数式や理論を超越したところに在るかもしれませんね

☆ああ汝なぜに李でありうるか

未だに季語一つと十七音から抜け出せませんm(__)m

点数: 0

添削のお礼として、東次郎さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

頬撫でる夏の夜の涼しさよ

作者名 つむ 回答数 : 2

投稿日時:

塀の外白き日傘の通りけり

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

春雷や新元号の響きけり

作者名 かこ 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『汝は青く固く酸つぱき李かな』 作者: おせっかい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ