俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

下町に格子戸の湯屋初蛍

作者 しゅうこう  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

旅館の様な銭湯に行ったので、その雰囲気を詠んでみました。
宜しくお願い致します。

最新の添削

「下町に格子戸の湯屋初蛍」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

十二音+季語五音の基本形ですね。
形がいいので違和感は出にくいですが、それでもちらほら。

下五「初蛍」の季語は合わせに置いただけで実景ではなさそうですが、この季語は映像がかなり強いので、どんな状況で初蛍を見たか、を想像する形です。
湯屋の露天に入っている時に初蛍を見ているっぽいですが、さて「下町」は?
とすると上五「下町に」は場所の說明なので、あまり映像を為さないかもしれません。

もし「湯屋の外観」+「初蛍」だとしたら、カメラワークを少しだけ直したいです。広角からズームしていく形で。

・下町の湯屋の格子戸初蛍

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「下町に格子戸の湯屋初蛍」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。味わいがありますねー、湯屋に蛍が出たなら最高ですよねーー。
できている句だと思います。上五「に」にするか「の」にするかは迷いましたが、良い句でう😊

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「下町に格子戸の湯屋初蛍」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

しゅうこうさんこんにちは。御句は良い風景になっていると思います。
蛍が見られる下町ってどこなんだろう…というのはさておき、もう少しアップの画像に寄せると蛍の輝きも出てくるんじゃないかなと。
・下町の湯屋格子戸に初蛍

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

漢検に落ちて鶴屋の道明寺

作者名 きむらゆい 回答数 : 2

投稿日時:

初浴衣なぜか横向く彼の居り

作者名 鳥越暁 回答数 : 5

投稿日時:

弥勒仏三寸開けて霜の朝

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『下町に格子戸の湯屋初蛍』 作者: しゅうこう
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ