俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨寒に遅々とし家の断捨離の

作者 肥川 稔  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雨で外に出るのも億劫なので断捨離しようと思ってもあれもこれも捨てられず困ってます

最新の添削

「梅雨寒に遅々とし家の断捨離の」の批評

回答者 なおじい

肥川成可さん、こんにちは。
御句拝読しました。断捨離が尻切れトンボになっています。「〜の」で終わる形はあるとは思いますが、御句では意味がわかりませんね。
それに「遅々」という言葉を使うと、「として進まぬ」と続けなくてはならず、あと断捨離を入れると表現の幅がかなり狭くなってきます。

一旦は、「遅々として進まぬ断捨離◯◯◯◯◯」と考えたのですが、中八が悔しくて諦めました。

最終的に、私の提案句は、

・断捨離の進まぬ我が家五月雨

とさせていただきました。

しかしおかげで私も卓鐘さんの基本的な説明が聞けて勉強になりました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梅雨寒に遅々とし家の断捨離の」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ。

俳句の作り方というのをまず勉強した方がいいと思います。まぁ何やってもいいのですが、守破離の通り、まずは俳句の型というものを知って、そこから独自の感性の句ができていく方が良いかと。

で、俳句の作り方ですが、大きく二つあります。
1、取り合わせ
2、一物仕立て

1、は、季語 + 季語と関係のない12音(季語を一切説明しない)が、基本形になります。季語とそれ以外の響き合いが詩を生みます。
2、はめちゃくちゃ難しいです。17音全てを使って季語のことを詠みます。季語のことは歳時記に書いてますので、それを書いても意味がない。作者独自の観察力・描写力が勝負です。

前置きは、ここまでとして御句の場合、
「梅雨寒」と「なかなか進まない断捨離」の取り合わせですね。ちょっとベタではありますが、まぁ悪くないと思います。ただ、12音の表現力がいまいちです。まず日本語として、「遅々とし家の断捨離の」がよくわかりません。この12音は、
・無駄な言葉を使わない(ここでは、「家の」と言わなくても大体家)
・季語を説明しない(これは問題なし)
・説明でなく描写 (「家の」が説明)
・自然な日本語 (「遅々とし」は動詞にかかるはずが、ないのが変。省略するなら「て」が必要)
・変にカッコつけようとしない(これも問題なし)
などを意識してください。

次に、「季語」と「12音」をどう繋げるかですが、基本は切れを作ってください。「4音季語+や」or「五音季語」(2音や3音の場合には「xx+動詞の終止形」)
切れを作らずに、「に」「の」「を」などで繋げたい場合には、季語が単に、舞台装置にならぬよう気をつけてください。御句の場合は、「切れ」が良いです。「に」で繋げることで、単に、梅雨の寒い季節に、、と説明になっています。

ということで、
梅雨寒や吾の断捨離は遅々として
くらいで一応、形的には整います。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨寒に遅々とし家の断捨離の」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

あ、補足。

もしこの句、「梅雨で寒いから、断捨離が進まない」ということであったら、最も良くない作り方です。季語を、因果関係として利用しないことは基本の一つです。もうそうなら、季語を変えて、取り合わせの12音とちょうど良い距離のものを持ってきてください。(この時、理屈はよくわからないけど、なんとなく響きあうなぁくらいがいいと思います。)ただ、梅雨寒だから進まないってことは普通はないと思うので、取り合わせ自体はそんな悪いとは思いませんが、「に」にしちゃうともしかして?梅雨寒のせいにしている?と取られかねないので、その意味でも「や」の方がいいですね。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

窓見れば桜おりなす春の訪れ

作者名 まきを 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

図書館の記帳台には水仙花

作者名 洋子 回答数 : 4

投稿日時:

梅雨晴や右に右向く鳩二匹

作者名 シゲ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨寒に遅々とし家の断捨離の』 作者: 肥川 稔
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ