俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

足裏の枝の調べや秋の入り

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

投句しやすくなりました

最新の添削

「足裏の枝の調べや秋の入り」の批評

回答者 北あかり

こんばんは、北あかりと申します。
鳥越暁様へコメントを差し上げるのは初めてでしょうか。今後ともよろしくお願いします。
しばらく前のことになりますが、万緑の句へコメントありがとうございました。
類想のご指摘、大変に申し訳ございませんでした。
投句の前に類想句がないかを確認するのも大切なことだと痛感しました。

投句をお控えになるとのコメントを拝見し、
ご返信を控えておりました。
また投句されたことを大変に嬉しく思います。
私も頻度は少ないですが、細々と投句を続けたいと思っています。
またコメントをいただけたら大変励みになります。今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「足裏の枝の調べや秋の入り」の批評

回答者 04422

こんばんは!
お久しぶりです。
良い句ですね。鳥越暁様の繊細な一面をうかがい知ることが出来ました。
又、山登りを想像してみました。夏草と違って足裏に触るは時には木の枝であったりして秋を感じ取れる一瞬が読み取れます。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

芋煮会誰だプリンを入れたのは

作者名 イサク 回答数 : 32

投稿日時:

紅葉の前ふと朱色の目は黒く染まる

作者名 がらひ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

篝火や今宵の果ての総がらみ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『足裏の枝の調べや秋の入り』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ