俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

回る寿司トロを摘まんで背伸びして

作者 輝久  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

年金生活者ですので高い寿司やには中々・・・
昨日回転寿司で中トロを頂いて旨いので「ん~」と言って立ち上がりました

最新の添削

見得を切る回転寿司のトロつまみ

回答者 佐々木健一

摘まんで背伸びして
のところがリフレインっぽい雰囲気はあるけれど、摘まんでいるのは背伸びしてますよ、と説明的だと思いました。
歌舞伎で大見得を切るというのを使って、背伸びしての気持ちを上五にしてみました。見得と見栄をかけている感じで。
回る寿司、よりも、回転寿司と言い切ったほうが、回る、つまむと動詞かふたつあるよりもすっきり整います。

どうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、佐々木健一さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

身に入むや中トロつまみ背伸びせん

回答者 ハオニー

中トロ人気は強いものです
マグロは売れてもあまり利益にならないと調べたことがあります
赤字覚悟で仕入れるのは、「ない」と言えないネタだからでしょう

気になるところが1点
どれを季語として使っているのか、これがまず分かりません

寿司という季語を回転寿司と使っているため、季語ではないと私は考えます
鮪は冬の季語としてありましたが、トロだけでは季語としてどうかと思います
「中トロ」「ネギトロ」「トロサーモン」「ブリトロ」など、トロのつく寿司ネタはけっこうあります

「回る寿司」も「中トロ」も季語じゃなければ、とても楽です
回る寿司を外して、明確な季語を入れれば成立します

今回は秋の時候の季語「身に入む(みにしむ)」を試してみました
食後の寂しさが少し出たような感じがします

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

海見えて遠足の列乱れけり

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

車窓より小さき手撮る冬もみじ

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

自己犠牲良いことないな年の暮れ

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『回る寿司トロを摘まんで背伸びして』 作者: 輝久
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ