俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

釜揚げうどんの薬味欠かさず使い切る

作者 鳥田政宗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

好きな麺類を俳句にしてみました

最新の添削

「釜揚げうどんの薬味欠かさず使い切る」の批評

回答者 かこ

釜揚げや三種の薬味使い切る

私も釜揚げうどん好きです。最近は「釜揚げ」だけで釜揚げうどんの意味に載せている辞書もあります。季語ではないですが使っても良いかもと思います。使い切るは基本的に欠かさず全部の意味が含まれるのでここは変更したらどうでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

大晦日佳きことをのみ残しけり

作者名 ダック 回答数 : 3

投稿日時:

暑中見舞い永遠亭へ美鈴寝る

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

いつ迄も騒がしき世や大晦日

作者名 ちゃあき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『釜揚げうどんの薬味欠かさず使い切る』 作者: 鳥田政宗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ