俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あさがおに寝呆け顔のひとつあり

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

むか~し夏休みは必ず朝顔を育て、やれ双葉、やれ本葉、今日はいくつ咲いた、の中に開き遅れる寝坊助がいました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「あさがおに寝呆け顔のひとつあり」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃最初読んだとき寝ぼけ顔の子が朝顔を見ているという句かと思いました。朝顔が寝ぼけ顔、つまり擬人化なのですね。咲き遅れの朝顔を寝ぼけ顔❔
擬人化は難しいです。(^^;

🔷朝顔に寝ぼけた顔の一つあり

「寝ぼけた顔の」中七にしてリズムを整えました。(^^;

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

落ちし蝉吾に悔いなしとジジと鳴く

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

寒空の部屋陽あたりし夢うつつ

作者名 和光 回答数 : 1

投稿日時:

冬木立待ちて首凝るシマエナガ

作者名 北あかり 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あさがおに寝呆け顔のひとつあり』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ