俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

パーを出す手にひとひらの飛花落花

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おじさん様の
さいしょはぐーからの句から
ヒント頂きました。
中七悩みましたが
韻を入れたかったので。
ご指導よろしくお願いします。

最新の添削

「パーを出す手にひとひらの飛花落花」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。パーに花びらはなかなか素敵な光景ですよねー。飛花落花をやめると。

パーを出す手へやはらかき落花かな

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「パーを出す手にひとひらの飛花落花」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

先に出ていますが、季語「飛花落花」で飛ぶ花ぴら、落ちる花びらの集合体のようなイメージになるので、「ひとひらの飛花落花」はおかしいですね。

・パーを出す手へひとひらの落花かな
まずはこれでそれなりに良い句なのに・・・という句でした。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「パーを出す手にひとひらの飛花落花」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

いくさん、こんにちは。
この句は果敢に美しい季語を取り入れようと姿勢が素晴らしいです。残念ですが、「飛花落花」というのは桜の枝から一気に風に吹かれて散っていくことを表しますので、一片だけの花びらを「飛花落花」というのはかなり大げさになってしまいます。「どんだけ手の中に花びらいれたんだ?!」となります。
音韻を踏んでみたということをふまえて素直に添削するなら
→パーを出す手のひら桜ひらりひらり

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

泡のやふ金糸雀色の花ミモザ

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

高額なさんま横目に素通りす

作者名 水越里絵 回答数 : 3

投稿日時:

霧深き吊橋をゆくひとりづつ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『パーを出す手にひとひらの飛花落花』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ