俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蝶追つて子の残酷な笑ひ声

作者 佐藤敦子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

続けて投句することをお許しください。前回の反省点を踏まえて1から作り直しました。意味は蝶を追う子どもの無邪気な残忍さを表現できたらと思い、このようにしました。

最新の添削

「蝶追つて子の残酷な笑ひ声」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

(引き続き、選句は先生によって差があるという前提で)
まだ二句しか拝見しておりませんが、「頭の中で想像したストーリー」をそのまま俳句に作る癖があるかもしれません。
ある種のストーリーは風景を補うためにあってもよいですが、そのストーリーを補うために置かれる「説明的な言葉」は、俳句から風景を想像する時に邪魔になってくることがあります。
前の句では「やさしく止まり」「風を待つ」どちらも頭の中で想像した蝶を説明するために置いていました。
今回の句でも「残酷な笑ひ声」というのは、頭の中で考えた「子どもの無邪気な残忍さを表現できたら」を説明するために置かれている言葉だと思います。

さて「残酷な笑ひ声」とはどんな笑い声なのでしょうか?
ドラマ・マンガ・アニメでは、わざと「残酷に見えるように」笑っている例はありますが・・・この句の「子」は、そういう笑い方をしているのでしょうか??

他にも気になる点はあります(季語「蝶」よりも「笑ひ声」が主役になっている、笑い声を上げながら蝶を追うことのリアリティ、など)が、長くなりすぎるのでこれで。

・甲高き声の子ふたり蝶を追ふ

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬日差し光る十字のネックレス

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

春朝や社の森の光る塵

作者名 負乗 回答数 : 5

投稿日時:

行きし春さまざまなもの行きしかな

作者名 負乗 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蝶追つて子の残酷な笑ひ声』 作者: 佐藤敦子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ