俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風騒ぎせく心での花見かな

作者 いつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

強い風のなか、待ち合わせた場所まで急がなければ・・

最新の添削

「風騒ぎせく心での花見かな」の批評

回答者 佐渡

芦川様 おはようございます。いつもありがとうございます。
風が吹く中急いで待ち合わせ場所へということでしょうか。

風騒ぎ花見そこそこせく心

というのはどうでしょう。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「風騒ぎせく心での花見かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

この句は「花見の最中にずっと風が吹いていて、(この後に用事でもあるのだろうか?)自分の心が急く中で、それでも花見をしている」という意味に受け取れます。
コメントを読むと、どこか違うような気がしました。花見の約束へ急いでいる感じですか?
「急く気持ちで花見をしている」のか、「約束の花見へ急いでいる」のか、どちらでしょうか?

前者「急く気持ちで花見をしている」だとしたら
◆「風騒ぎ」が比喩っぽいですね。「せく心での花見」と風景があまり繋がっていかないような。
◆作句のポイントは「せっかくの花見なのにゆっくりしていられない」という感じでしょうか?「せく心」という直接の気持ちの描写は避けたいところですが・・・

・せく心に花見して花見ておらず

もし後者「約束の花見へ急いでいる」だとしたら、まだ花見の場所に到着していないので、下五「花見かな」生きてこないかも。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「風騒ぎせく心での花見かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

芦川次郎さん、こんにちは。
御句拝読しました。
こういう状況、よくわかりますよ。桜が咲くと必ず、強い風が吹きますよね。あれ、どうにかしてほしいですねー。

さて私のコメントは、イサクさんと被りますがご容赦ください。

それで、こんなこと申し上げるのも変ですが、御句、ご自身でこのコメントとは思いませんでした。
てっきり、もう花見をなさっていると思いました。花見をなさっていて、風が強くなってきたので、心がせく、だと思いました。これはわかります。
でもまだ着いていないとなると、俳句を変えることになります(特に、いま見ているからこその下五の「花見かな」)。

それよりも、乱暴で大変失礼しますが、ご自身のコメントを変えてしまいたいです(笑)。もう花見をしていることにさせてくださいm(_ _)m。

・風騒ぎだし心せく花見かな

「風騒ぎ」は、なんかいい感じなのでそのまま使わせていただきました!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

瓜坊に電柵効かぬ棚田かな

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

透き通る筋の白菜抱く米寿

作者名 たけたけ 回答数 : 2

投稿日時:

クリスマスお金が良いと孫LINE

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風騒ぎせく心での花見かな』 作者: いつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ