俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

下京の霙るる路地に猫二匹

作者 森口昭治  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

下京は古い商家が立ち込み、古都、京都でも殊更路地が入り組んでいる古い町です。そのな路地に冷たい霙が降り、多分夫婦か親子なのでしょう、二匹の猫が肩を寄せ合い温め合っています。

最新の添削

霙けり猫二匹寄る下京の町

回答者 イサク

おはようございます。

京都地域での俳句募集に応募するならばありかもしれません。
上五がどこの地方を入れてもしっくりきてしまいます。原因は、元句が路地独特の風景ではなく「霙るる路地」と「猫二匹」しか説明していないからでしょうか。
・薄野の霙るる路地に猫二匹
・柴又の霙るる路地に猫二匹
・六波羅の霙るる路地に猫二匹

助詞や語順を変えてみる方法はあると思いますが、私としては下京の固有の風景を取り入れた方が良いように思います。
・下京に猫二匹をり霙れくる

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

雷鳴や君に貰ひしキャンドル果つ

作者名 海乃一夏 回答数 : 3

投稿日時:

寺男と云へば蛾次郎鰯雲

作者名 長谷機械児 回答数 : 3

投稿日時:

蟻の列けふは仲間のとむらひか

作者名 松健四歩 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『下京の霙るる路地に猫二匹』 作者: 森口昭治
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ