俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

再会の墓へ手向けし春の雨

作者 ふり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

墓参りに行って来ました。

最新の添削

「再会の墓へ手向けし春の雨」の批評

回答者 なおじい

ふりさん、こんにちは。
御句拝読しました。ふりさんのおっしゃりたいことはよくわかります。光景も浮かびます!
しかし、先のお二方がおっしゃっているように、このままですと、見た目の関係でそれが伝わりにくいです。
もはや蛇足かもしれませんが、私にもコメントさせてください!

ふりさんの「手向けし」は、上五と中七で、「故人の墓参りをして再会を果たしてきたよ」という意味をお詠みと思います。そして下五に季語の春の雨を置いていらっしゃる。
ところがその中七に「手向ける」
という動詞を使ってしまったために、春の雨に何かをお供えしたようになってしまいました。
この句では、「手向ける」という動詞は使わない方がいいですね。お供物や供花のことに触れていらっしゃらないですから。
「お墓参り」と言ってしまうと秋の季語になるので、そこはふりさんも工夫なさったのですよね。

それであれば、

・再会を果たす墓前に春の雨

これではいかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「再会の墓へ手向けし春の雨」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんぱんは。

◆「再開の墓」つまり「墓と再開する」という擬人化はちょっと気になりました。
◆「手向けし」は過去の助動詞の連体形で、「墓へ【春の雨】を手向けた」という意味になっています。
 墓参りとは違う意味が出てしまいそうですが、どうでしょう?

うーん、「手向ける」という動詞をあきらめるかどうか、ですけれども・・・
なお、「墓参」は秋(お盆)の季語ですので、この時期の墓参りを詠むのは季節感が難しいかも。

・墓前へと手向けたる花春の雨

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「再会の墓へ手向けし春の雨」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

やはり、手向けし、の連体形が春の雨にかかっていくのが気になるところです。
春の雨を手向けたことになりますしね。
彼岸を季語として詠むのはありかもですよ。
誰の墓はわからずですが、

友人の墓前へ彼岸桜かな

墓と彼岸桜は近いかなあ。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨の雷泡くう猫や雲隠れ

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

うりずんや首里城跡に一礼す

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 6

投稿日時:

元旦や尽きぬ終わりの初めなり

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『再会の墓へ手向けし春の雨』 作者: ふり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ