俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ランニングあと一キロに喘ぐ夏

作者 おんこお  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

はい

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ランニングあと一キロに喘ぐ夏」の批評

回答者 馴れ合いを嫌う者

喘ぐという表現がストレートかもしれません。

キロとしたのは、メートルという意味とグラムという意味、

つまり、ゴールまでに喘いでいるのか、あと一キロ痩せられなくて喘いでいるのか二つの意味が含まれますね。

前者であれば
ランニングあと一キロの炎天下
後者であれば
減量苦あと一キロに喘ぐ夏

でどうでしょうか?

いずれにしても、スッキリとした印象を受けました。

点数: 1

添削のお礼として、馴れ合いを嫌う者さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春暁の山に風車のゆるゆると

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

暑中見舞い永遠亭へ美鈴寝る

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

伊予柑をへたから剥いて眼鏡拭く

作者名 森 教安 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ランニングあと一キロに喘ぐ夏』 作者: おんこお
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ