俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

薄氷の罅じんわりと水となり

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

薄氷=うすらひ
罅=ひび
昨年のとある句会で詠んだの即興句

最新の添削

薄氷の罅じんわりと水となる

回答者 大江深夜

どうもこんにちは。即吟でこのレベルの高い一物を詠めますか。私には真似できませんね。
太陽が登り始めて気温が上がる。薄氷の一番弱い所つまり罅の部分から少しづつ溶け始める。
作者は北国、雪国にお住まいの経験があるかと思います。
ただ、私はこの上五に切れがなく下五が連用形の句を良しとしません。どこか自信無さげでまるで短歌の五七五の部分だけのような尻切れトンボ感は否めません。
俳句はやはり言い切るところは言い切ったほうがよろしいのではと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、大江深夜さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「薄氷の罅じんわりと水となり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

薄氷の罅にクローズアップして、罅から水になっていくという細かい描写にいくのがいいですね。
じんわりという措辞に悩みましたが、じんわりとじんわりと時間をかけて春が近づくような感じに受け取りました。このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「薄氷の罅じんわりと水となり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

鳥越暁さん、こんにちは。御句拝読しました。

コメントで薄氷に「うすらひ」、罅に「ひび」と読みがなを書いてくださり有難うございました。お心遣い感謝します。

また、こんな格調高い句を、句会で即吟なさったとは、すごいと思います。その時も「罅」は漢字で書けたのですか?

御句ですが、「罅じんわりと」が効果的ですねー。とても印象が強いです。この中七が印象的なだけに、下五はご苦労なさったのではと思いました。

というのは、私であれば、この「罅からじんわりと春の訪れを感じる」みたいな句にしようとして、上五の「薄氷」との重なりに苦労したと思ったからです。

「水となり」では単純すぎて、中七からすると肩透かし的な気がしますが、考えてみれば、氷は溶ければ水になるのですから、素直で自然であり、その方がいいのですね。このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「薄氷の罅じんわりと水となり」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・好意的コメントありがとうございます。
御句・・氷が解けて水になるというあたりまえのことを「感動」として捉えたのはいかにも俳句的ですね。イサクさんとかぶりますが、「水になり」の方が落ち着いた感じがすると思いました。もちろん、私の語感に過ぎませんが。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鬼日差し秋が迷子のかくれんぼ

作者名 流れ星 回答数 : 1

投稿日時:

片方の行方はやはり炬燵かな

作者名 鳥越暁 回答数 : 4

投稿日時:

梅雨夕焼コロナ禍の校舎は昏し

作者名 女郎花 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『薄氷の罅じんわりと水となり』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ