俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

啓蟄やややは転びてまた走る

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

走る喜びが優るのか。

最新の添削

「啓蟄やややは転びてまた走る」の批評

回答者 翔子

久田しげき様
可愛らしいですね。孫娘も、芝のある土手を下る時、走っては転び、走っては転びしながらラグビーのレフリーであるお父さんの所へ向かっている動画が送られてきました。とにかくおてんばです。なので、おやくそくという世の中のルールが4歳児向けに書いてある絵本を買いました。今度会った時に、一緒に読もうと思っています。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

我が手より糸垂らしたる子蜘蛛かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

名を憂ひ揺るぐものかは女郎花

作者名 小西晴菜 回答数 : 7

投稿日時:

図鑑閉づ花に迫りし夏の嶺

作者名 鳥越暁 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『啓蟄やややは転びてまた走る』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ